妊娠初期の体をいたわる

妊娠すると高温期が続く!

妊娠中の高温期に注意すること

多くの方にとって、妊娠したことに気付く大きなきっかけとなるのが、高温期です。女性には高温期と言われる時期が毎月のリズムとして訪れます。妊娠すると、この高温期がしばらく続くことになり、手足がポカポカしたり、無性に眠くなったりしてしまうのです。これは妊娠ごく初期の症状ですね。そんなこの時期には、注意しなければならない点があります。まず、高温期はとにかく眠くなりやすい時期です。仕事中や、中には車の運転中などにウトウトしてしまう方もいるかもしれません。できるだけ休める時には体をしっかり休めてあげるようにしましょう。居眠り運転は特に危険なので、要注意です。それから、この時期には体がだるく感じたり、吐き気を感じたりする方もいます。つわりの始まりですね。そんな時には無理に食べようとせず、「食べたいものを少しずつ食べる」という方法で対策していきましょう。また、高温期は体がポカポカ温かいので、どうしても冷やしたくなってしまいがちです。ですが、妊娠している時は冷えには特に注意が必要です。暑いからと言って、極端な薄着をしたり、冷やし過ぎることのないように気を付けましょう。この時期は妊娠のごく初期の、とても大切な時期です。体をしっかりと労わってあげることが大切ですね。

↑PAGE TOP